Skip to content

顎形成で半永久的な効果を維持したい

理想的な顔のバランスを判断する基準は鼻の頭から唇そして顎を結ぶ直線のラインが引けるエステティックラインがありますが、日本人の顔の特徴として顎が引っ込んでいる人が多く、顔全体がのっぺりと平らな印象になってしまっています。そこで顎を前に引きだすと若い人は可愛く、知的な印象になり、中高年の場合には顔が締まり、若々しくなります。理想的な顎にするためにはシリコンプロテーゼという顎形成を行うと理想的なラインを手に入れる事ができます。顎形成の手術方法は下唇の裏側を2~3cm切開してフェイスラインに合わせて、自分にある理想的な顎の形に切ったプロテーゼを骨の上に入れていきます。施術時間は30分程度で、術後は治りが早く傷痕も気になりません。引っ込んでいる顎を前に出したい人や、顎をシャープにしたい人、半永久的に効果を維持したい人におすすめの施術方法です。

顎形成でキレイなフェイスラインを手に入れられる

足りない顎を出してフェイスラインを整えたい人や横顔に自信がない顔の輪郭をスマートな印象にしたい、そんな方々におすすめなのが顎形成です。顎が足りない場合には横から顔を見た時に口元が出ていてあか抜けない印象になってしまいます。そんな悩みには顎用のプロテーゼを利用した顎の整形がおすすめです。少し高さを足してあげると横顔や斜め輪郭がすっきりと小顔に見えます。日本人の多くが比較的顎が短いので顎のラインを少し整えてあげると、キレイなフェイスラインを作る事ができます。顎の形態や軟部組織の厚さなど人それぞれ違うのでその人にもっとも適した形や大きさのプロテーゼを選んで挿入をするので、術後にプロテーゼが動いてしまったり、浮き上がって見える事なく自然な仕上がりになります。一度整えてしまえば半永久的な効果が期待できアフターケアの心配もありませんが、どうしても再施術が必要な場合でも簡単に取り外せるので安心です。

人工骨を利用する顎形成はより安全

顎を出したいけどシリコンプロテーゼには抵抗がある人や激しいスポーツする人におすすめの顎形成方法はオトガイ形成という人工骨で顎を出す方法です。プロテーゼで顎を出した後、下顎骨が変形してしまう場合があります。その心配を防ぐには人工骨を利用した施術方法です。人工骨を使って顎を出すメリットは、時間が経つといずれは自分の骨に変わっていくので、下顎骨に負担が少なく、上に移動変異する事がほとんどないです。人工骨にはバイオペックスと言われる粘土状のハイドロオキシアパタイトがおすすめで美しい形状を作る事ができます。デメリットは材料が高額という事と数年たって取り除きたくなっても簡単には取り出す事ができず、削る事になります。術後には3~5日間はバンテージが圧迫し、5日後程度は強く噛む事を避けた方がよいので柔らかい食べ物取る事となりますが、術後2時間たてば水分や柔らかい物を取る事できます。