Skip to content

顎形成脂肪を吸引する

顎のラインが美しいだけで顔全体の印象も変わります。もともとの顎の骨の形ももちろん影響しますが、脂肪がつきすぎて顔の印象がしまりのないものになっていることもあるでしょう。またダイエットをしてそれらの脂肪を落とそうとしても体のように簡単にその部分だけをすっきりさせるのはなかなか難しい事です。脂肪をどうにかしてなくすためには脂肪吸引という方法もあるでしょう。顎周りの脂肪を吸引する事でフェイスラインを取り戻します。またこの場合、皮膚のタルミなどを気にする人もいますが、そうならないように引き締めながら処置をすすめていきますので顔にたるみが生じるという事もないでしょう。顔の場合は特に少しでもシワやたるみができてしまうと困ります。ですからそうならないためにも顎形成の場合は信頼のできるクリニック選びというもの大事になってくるでしょう。

顎形成の施術には主に2つの方法があります

人間の顔の中でも顎というのは、特に目立つ部分でもありますし、コンプレックスになりがちな部分です。顎形成の施術をする場合、主に2つの施術方法があります。1つ目の施術方法として、ヒアルロン酸を注射で注入する施術方法となります。よく美人と言われる理想的な顔の事をエステティックラインといいますが、このヒアルロン酸の注射によって、あごのラインを美しい物に変える事が出来ます。ヒアルロン酸の注射の場合はメスを入れることがありませんので、痛みや腫れも少なくなっております。ただし、ヒアルロン酸の注射の持続性は大体3年です。2つ目の顎形成の施術方法として、顎にプロテーゼを入れるという施術方法があります。ヒアルロン酸の注射と違い、プロテーゼの場合はしばらく腫れがあったりしますが、プロテーゼの場合、持続性は半永久的となっています。自分にあった顎形成の施術方法を選ぶのが大事です。

2重顎で悩んでいる方に顎形成はいかがでしょう。

顎にコンプレックスがある方は意外に多いです。特に顎が引っ込んでいると二重顎になりやすい、丸顔に見えるなどの原因の一つになります。また、年齢とともに皮膚のたるみが出てくると顎がないことが目立ちます。今は、顎形成と言われる美容整形も注目されています。人工関節などの医療用の材料に使われるシリコンプロテーゼを自分の顎に合わせてオーダーしたものを口の中を切開して挿入する施術です。顎が出来ることで顔がシャープになり印象も良くなり、若々しくなります。もちろん、麻酔をかけての手術ですから副作用や合併症もあります。入院はしなくていいものの、術後は痛みや張れがありますから、1、2週間は激しい運動はしない方がいいです。どうしても体が温まると痛みがでやすいです。張れもありますから膨れて見えますが少しずつ元に戻ってきます。1ケ月もあれば日常生活に戻ることができ半永久的に持続することができます。